XMが採用するNDD方式とは

XMが採用するNDD方式とは

XMをはじめとする海外FX業者のほとんどは、NDD(Non Dealing Desk)方式と呼ばれるビジネスモデルを採用しています。

これは、国内の店頭FX業者が採用しているDD(Dealing Desk)方式とはかなり異なり、ビジネスとしての透明性はかなり高いものとなります。今回はそんなXMも採用しているNDD方式について説明してまいります。

そもそもNDD方式とDD方式は何が違うのか

XMのような海外FX業者の場合には、少人数での事業オペレーションが基本となりますから、顧客からの売買オーダーは、すべて外部のカバー先にそのまま流して、それに自社の応分のマージンを上乗せするという極めてシンプルなビジネスモデルを採用しています。

そのため、業者としての利益ソースは、スプレッドとスワップポイントの調整だけとなりますので、海外業者は一定以上の収益を確保するために、自ずとスプレッドを広く設定しているというのが実情です。

また、スワップポイントも国内業者ほど大きなものは提供しないケースが多く、むしろハイレバレッジやボーナスポイントの付与などのほうを売り物にしているといえます。このビジネスモデルはNDD(Non Dealing Desk)方式と呼ばれています。

一方、国内業者は海外業者と違って、社内にディーリングデスクと呼ばれる売買部門を設置して、顧客からのオーダーに対して様々な売買を行っています。

同一通貨ペアにおける顧客間のオーダーの相殺からはじまって、相場にトレンドが出ているときに、その方向への顧客のオーダーが多い時にはカバー先にオーダーを投げますが、相場の方向とは逆の顧客のオーダーに対しては、ディーリングデスク自ら反対売買を行いますし、場合によって、呑みで一切外部にはオーダーを出さず、損失が広がって強制ロスカットになるのを待つといった行為も行っています。

こうした複合的な取引行為があるからこそ、狭いスプレッド提供をしても一定に利益を確保しているのです。

原則固定の最狭スプレッドは、国内業者が作り出した人工相場

国内FX業者が提示している原則固定の最狭スプレッドというのは、実は国内だけで供給されているきわめて人工的な取引条件であり、通常はこんなスプレッドだけではとてもブローカーとしては食べていかれないのが実情です。

しかし、彼らはこうした好条件を提示することで、ドル円を中心とした顧客を獲得し、多くの取引をしてもらうことから、反対売買や呑みなど多角的な方法で利益を確保しているのです。

そもそも顧客のオーダーと反対売買をするというのは、利益相反の行為になるわけですから、約定力が下がったりスリップしたりという状況ひとつとってみても、顧客に不利なるものは業者の利益機会になっているということはあらかじめ理解しておかなくてはなりません。

そういう意味では、XMが採用しているNDD方式は、少なくとも顧客の利益と相反しないビジネスモデルという点では安心して取引できるものと言えます。

NDD(Non Dealing Desk)方式の種類

XMが提供する売買方式は、すべてNDD(Non Dealing Desk)方式で、顧客からのオーダーは須らく外部のカバー先に投げる形にコミッションをとるというビジネスモデルに徹しています。

ただ、このNDDにも2つのタイプがあり、STP( Straight Through Processing )モデルとECN ( Electronic Communications Network )モデルが存在します。

マイクロ、スタンダード口座はSTP方式をとっていますが、より狭いスプレッドを目指すXM ZERO口座はこのECN方式を採用しています。

STPとECNの違いはどこか?

STP( Straight Through Processing )方式

STP方式は、ほぼ20社以上のカバー先を設定して、同一通貨ペアについての顧客間の売買オーダーは相殺するものの、それ以外はアルゴリズムを利用し、買いと売りの価格を最適化することで、それにマージンを乗せて業者が利益を獲得するモデルです。

スプレッドには一定の幅が生じることになりますが、業者マージンはそれに含まれる形になります。

ECN ( Electronic Communications Network )方式

すべてのオーダーを、そのまま電子取引所を介してインターバンク等と直接取引する形で、STPに比べるとより狭いスプレッドを実現することができます。

業者はスプレッドから自社のマージン部分を外だしし、スプレッドは常に最小化が図られることになりますから、スキャルピングなどの超短期売買をするトレーダーには人気の高い口座サービスとなっているのです。

また、ECNの場合は、板情報と気配値を確認することができるので、トレーダーにとっては透明性が高い環境で取引できると言えます。

私が使っているFX業者

オールインワン計算機
XM専用計算ツール

必要証拠金、最大購入可能ロット、ロスカットまでの余力、ポジションを取った時の証拠金維持率などを計算できます。

ABOUTこの記事をかいた人

普段は会社員として某製造メーカーの社内SEをする傍ら、主にEAを使ったFX自動売買を行っています。呑み行為の蔓延る国内業者に嫌気が差したのがきっかけで、海外FXに移行。今ではもっぱら海外のブローカーを使いまくっています。実体験を基に、信用できる情報発信ブログを目指していきます。