【XM専用】オールインワン計算ツール(ゼロ口座対応)

【XM専用】オールインワン計算ツール(ゼロ口座対応)

※通貨レートはGoogle Finance から自動で取得しています。たまに取得が抜けてしまうことがありますが、その際はこのページを更新してください。

更新履歴

  • 2019/04/12 Zero口座の手数料も計算されるように修正しました
  • 2019/03/27 証拠金に関連した計算式を微修正しました
  • 2019/03/26 公開

計算ツールについて

XMに特化したオールインワン計算機です。

主に本家の計算ツールと使い方は同じですが、強制ロスカット損失、余剰金、1PIPSあたりの損益額など、個人的にあったら良いなと思った数値を追加しています。

また、私は主に裁量トレードの際、Zero口座ハイレバレッジでぶん回す事が多いのですが、ポジション取得から決済までの手数料も毎回いちいち考えるのが面倒くさかったので、こちらの計算機で自動算出するようにしました。

機能

必要証拠金、最大購入可能ロット、ロスカットまでの余力、ならびにレバレッジ、ポジションを取った時の証拠金維持率を計算することができます。

使い方

通貨ペアを選択すると、自動で「通貨レート」に値が入力されます(このレートは自由に変更可能です)。また、それぞれ通貨の対円価格も自動で計算されます。

口座の種類を選択し、口座レバレッジ(※)を入力します。

有効証拠金(円)には、口座残高を入力します。また、次の項目では通貨ペアに対応した形で値が自動変換されます。

ポジションサイズの数量(Lot)を入力し、最後に「計算する」をクリックしてください。

(※)

自分がどのレバレッジを契約しているかは、XMの会員ページから確認できます。

必要証拠金(対単位)について

通貨ペアが円に結びついている場合は「JPY」、それ以外は通貨ペアの決済単位になります。金額はこの単位に基づく値で表示されます。

単位の例

USDJPY → 円建て
EURUSD → ドル建て
AUDCHF → スイスフラン建て

注意

  • CHFに関連する通貨は、最大レバレッジが444倍に制限され計算されます(XM仕様)。
  • スプレッドは考慮しないため、おおその値で補ってください。
  • この計算機をXM以外のブローカーで使用することは推奨致しかねます。

その他

計算される数値はあくまでも参考程度にお考えください。趣味で作ったレベルのものですので、間違った箇所があるかもしれません。

もし不具合やおかしな点などがありましたら、下のコメント欄からご連絡ください。また、要望などもお待ちしております。

4 件のコメント

  • はじめまして。
    いつも興味深く拝見させて頂いております。
    非常にわかりやすく私も海外口座取引を初めてみようかと思っております。
    XMで海外口座で取引するにあたり質問させてください。

    ①地方銀行にて入出金する際、日本のFX会社のようにある程度大きい金額を出し入れできるのか?
    ※例えば200万円入金する際に、一回でXMの口座に反映するのか?
    また出金に関しても一回で自分の口座に200万円反映されるのか?

    ②口座残高が0になりその後入金しなかった場合、XM社の口座は継続維持できるのか?

    お忙しところ大変申し訳ございませんが、宜しくお願いいたします。

    • ご質問頂きました内容について、以下の通りご回答させていただきます。

      ①入金額は銀行の利用限度額にもよりますが、枠内であれば200万円でも特に問題はありません。XMへの入金の反映も入金額と同じです(例えば50万入金して1回目25万, 2回目25万 というような入金にはなりません)

      しかし、例えば銀行の利用限度額が1日100万円だった場合、200万円の入金を行いたい場合は入金を2度に分ける必要があるかと思われます。

      また、日本の銀行口座を使ってXMへ入金する場合、国内のFX会社と同じように日本国内の銀行へ振り込む形になりますので、特に違和感なくご利用頂けるはずです。
      https://fx-senki.com/xm-how-to-pay/#i-4

      出金に関してですが、入金に使用した地方銀行への出金を行う場合のみ、1回で自分の口座に反映されます。

      注意しなければならない事は以下の通りです。

      XMには「入金額と同額までを同一手段で出金しないといけない」というルールがあります。マネーロンダリング対策のためですね。

      例えば地方銀行の海外送金手数料が高いため、手数料が安い別の銀行口座へ出金をしたいとします。この場合、「入金額分が地方銀行へ出金」「利益分が指定した銀行口座へ出金」という形になります。

      例)銀行Aから200万円入金、利益が出て合計で500万円(+300万円)になったとします。
         パターン1: 銀行Aへ300万円出金 → 銀行Aに200+100万円 出金されます。
         パターン2: 銀行Bへ300万円出金 → 銀行Aに200万円、銀行Bに100万円 出金されます。

      このため、手数料を節約したい場合は最初に入金で使用する銀行も選んでおく必要があります。
      ややこしいですよね…。手数料が安い銀行はソニー銀行や住信SBIネット銀行などがオススメです。
      https://fx-senki.com/withdraw-profit-from-xm-to-japanese-bank/#i-2

      ②詳しくはこちらの記事に記載しています。
      https://fx-senki.com/xm-recommending/#i-7

      ちなみに、休眠口座から「凍結口座」となり、復活できない状態になってもアカウント自体は削除されません。口座情報は自分のメールアドレスに紐づくので、本人確認もやり直す必要はありません。(残高が0円で放置→凍結されても同じメールアドレスでログインして新規口座を作ることができます)

  • こんにちは。この計算機めっちゃいいですね。
    ありがたく使わせていただきます。
    ところで、レートはXMからは取れないですか?

    • XMからレート情報を直で取得することはできなくもないのですが、結構手間な予感です。
      現状ではGoogleが便利なものを提供してくれているのでそちらを使用しています。

      どうしてもXMのレートと合わせたい場合は、お手数ですが通貨ペアのレートを直接入力してください。
      もし今後、状況が変わるようでしたら取得先を変更するかもしれません。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です