海外のFX業者でしか行えない取引手法をご紹介します

海外のFX業者でしか行えない取引手法をご紹介します

海外のFX業者には、国内にはない大きな特徴がたくさんあります。

中でもよく言われるのが「高レバレッジを効かせられる」や「損失が出ても0カットだから安心」というものですね。これらは今では当たり前の事となりつつありますが、実は他にも、知ってもらいたい内容があるのでご紹介します。

スワップフリー業者なるものが存在する

スワップフリーとは、その文字通り利子が付かないということです。海外にはスワップフリーの業者がいくつも存在します。

通常では、AUD/JPYの場合 年間で 5%程度の利子が付きます。

例えば、100万円分の買いポジションを保有していたとすると、年間で 5万円もの利子が付くのです。1日で換算すれば 130円程ですが、これをスワップ(利子)と言います。スワップフリーとはこのスワップ(利子)がフリー(0円)ということです。なんと無料!

スワップは不利?

  • AUD/JPYの場合、買いを行った場合 1ロットあたり 5%の利子を貰える。
  • AUD/JPYの場合、売りを行った場合 1ロットあたり 5%以上の利子を払う。

スワップは、支払い(売り)の方が多くなります。両建てする場合は スワップフリーだと±0ですが、通常の場合はスワップがマイナスとなります。

また、スキャルピングなどで 1日何回も売買している場合は関係ありませんが、ポジションを長期保有して運用すると スワップ(利子)が大きく響いてきます。買いのポジションを持っていれば良いのですが、売りで持っていた場合に大きく損をしてしまいます。

スワップフリーはイスラム教徒のためのもの

実はこのスワップフリーは、誰でも利用できるというものではありません。イスラム教の教えでは、働かないでお金を貰ってはいけないことになっているため、イスラム教徒は利子を貰うことが出来ないのです。

ですので、スワップフリーはいわばイスラム教徒のためのものであると言えます。このような取引区分を別名「イスラム口座」とも呼ばれたりしています。

大手の業者では審査が必要

先述の通り、誰でも出来るかというとそうではありません。利用するには、本人がイスラム教徒であるという証明の提示が必要です。この証明とは、ただ単に質問に答えるようなものではなく、イスラム教徒の身分証なるものを提出しないといけません。(そういうものがあるそうです)

ただ、最近では以前よりもスワップが少量の新興ブローカーも増えてきているので、このような口座自体に必要性が無くなってきているのではないかという見方もあります。

スワップアービトラージ取引

これは日本では「さや取り投資」として言われたりしています。スワップポイントの差額を狙ったアービトラージ取引では、スワップフリーの恩恵を最大限に受けることができます。

例で解説します。

  • 業者Aで AUD/JPY の買いスワップが 130円、売りスワップは -150円
  • 業者Bで AUD/JPY の買いスワップが 0円、売りスワップは 0円(スワップフリー)

だったとして、同時に業者Aで 1ロット買い、業者Bで 1ロット売ります。
※多少のズレはありますが、AとBのチャートは全く同じものとします。
すると何が起きるかというと、例えば 価格が1円安くなったとすると

  • 業者Aは1日後、損益は -10,000円(130円)
  • 業者Bは1日後、損益は+10,000円(0円)

となります。この金額 130円(1日, 1ロット)が自分の利益としての合計ということになります。つまり、チャートがどんなに動こうとも業者Aと業者Bで相殺するので、スワップだけ儲かるという仕組みです。

複数業者間のスワップポイントの差額を狙う

残高にも影響しますが、ロット数を増やすことによって 比例して130円増加していきます。1ロットで130円なら、2ロットで260円となります。さらに毎日、日を増すごとにスワップは追加されていきます。

AUD/JPY
1ロット

買いスワップ
業者A 業者B 業者C
130 70 0
売りスワップ
業者A 業者B 業者C
-150 -80 0

業者Aと業者Cのロットごとのスワップ差は以下の通り。

1日分 買いスワップ 売りスワップ スワップの差
業者A 業者C A-C
1ロット 130 0 130
2ロット 260 0 260
3ロット 390 0 390

資金と相場の振り幅から 2ロットを選択した場合です。

2ロット スワップの差 ※ただし、スワップは毎日変動します。
また、相手はスワップフリーでない業者Bを選んでも良いです。
1日目 260
2日目 520
3日目 780
4日目 1040

スワップアービトラージ取引を行うには

資金繰りもあって、ロット数を増やすことができれば、利子だけで暮らしていく事も可能と言えます。しかし、実際にスワップフリーもしくはそれに近い取引は大手の業者では行うことができません。イスラム教徒向けのイスラム口座は口座開設までの難易度が高く、もし万が一に口座を開設できてもアービトラージ取引を行っていると知られた場合、即時口座が凍結されるリスクがあります。

つまり、この方法を完成させるためにはある程度の信用できない業者を使うしかありません。その中でもeToroは比較的良い方ではありますが、少し癖があります。このあたりの詳細な解説は後ほどブログ記事にまとめたいと思います。

じゃんくま

今回はスワップについて、スワップフリー業者と組み合わせるとアービトラージ取引ができるという内容をご紹介しました。ただ、私はおすすめしません。そういう業者とそういう方法があることだけは知っておいていただければと思います。

 

私が利用しているFX業者

オールインワン計算機
XM専用計算ツール

必要証拠金、最大購入可能ロット、ロスカットまでの余力、ポジションを取った時の証拠金維持率などを計算できます。

ABOUTこの記事をかいた人

普段は会社員として某製造メーカーの社内SEをする傍ら、主にEAを使ったFX自動売買を行っています。呑み行為の蔓延る国内業者に嫌気が差したのがきっかけで、海外FXに移行。今ではもっぱら海外のブローカーを使いまくっています。実体験を基に、信用できる情報発信ブログを目指していきます。