XMのボーナスポイントについて詳しく解説します

海外FXといいますと、国内では口座開設時や入金時に多額のボーナスが支給されるというイメージが非常に強いと思います。

ですが、2018年に欧州圏では欧州証券市場監督局ESMAがレバエッジとボーナス等のインセンティブに対する厳しい規制を発効させたことから、キプロスなどEU圏を本拠地とするFX業者は主要通貨ペアのレバレッジは最大30倍、ボーナス等のインセンティブは全面廃止となってしまいました。

そのため、足元ではボーナスポイントを支給してくれる海外FX業者は思いのほかその数が限定されるようになっているのです。そんな中で継続的にボーナスポイントを口座開設者に提供し続けてくれているのがXMです。

XMのボーナスポイントは「口座開設」と「入金」の2つ

XMでは現在2つのボーナスポイントを提供しています。

口座開設時のボーナス

一つは口座開設時に与えられる無償のクレジットボーナス3000円分です。3000円というと大した額ではないように感じますが、888倍という最大のレバレッジを利用すると、ドル円の1000通貨ペアは113円程度の水準ならば127円程度の証拠金で売買できますから、この金額でも十分に利用できます。

国内の店頭FX業者で25倍のレバレッジで取引した場合、ドル円1000通貨ペアはおよぼ4520円もの証拠金を必要とすることを考えれば、自ら自己資金を投入しなくても、まず3000円のボーナスクレジットだけからでも取引を開始することができるというわけです。

入金時ボーナス

XMでは入金時のボーナスも用意されています。通年を通しては、5000ドル(ほぼ日本円にして50万円)を上限とする20%ボーナスが設定されていますので、証拠金を新たに入金するたびに20%のクレジットボーナスが支給されることになります。

また、不定期ではありますが、500ドルを上限とする100%ボーナスがこれとは別に支給されることもありますので、5万円入金すれば10万円の証拠金として利用することも可能になるのです。

クレジットボーナスは、あくまで取引の証拠金として使えるもの

一つ気をつけなくてはならないのは、ボーナスといいますと現金が支給されるような錯覚を起こしがちですが、XMが提供するボーナスはあくまで証拠金に加算して売買に利用できるクレジットですから、ボーナスが付与されたからといってそのまますぐに出金できるわけではありません

このクレジットを利用して売買し、得られた利益こそが出金の対象となることだけはあらかじめ十分に理解しておく必要があります。

海外FXの他社では、一定の取引実績によりボーナスを出金できるプログラムを実施しているところもありますが、実際には驚くほどの取引を要求され、現実的にボーナスを出金するのは難しいのが現状です。

それよりも細かい規制がほとんどなく、証拠金として自由に利用できるXMのボーナス制度は、結果的には非常に使いやすいインセンティブプログラムであると言えます。

XMの取引に応じて付与されるXMPはもうひとつのボーナス

XMのボーナスポイントといいますと、前述した口座開設時や入金時に付与されるクレジットボーナスが注目されがちですが、実はXMにはXMポイント(XMP)と呼ばれる取引に応じて付与されるポイントも、もう一つの魅力となっています。

これを貯めれば、クレジットボーナスや現金に換えることができるのが、他社にはほとんど存在しない大きな特徴となっています。

注意
Zero口座は、ポイント付与対象外です。

獲得はとても簡単

XMPは、毎回取引をするごとに自動的に加算される仕組みになっています。ただ、ひとつ気をつけなくてはならないのはポジションをつくってから最低10分以上そのポジションを保有していないとポイントが付与されないことです。

スキャルピングなどで、2~3分など短時間の取引を繰り返した場合には全く付与されません。

取引期間が長くなると、ロイヤルティステータスレベルも上昇

XMのロイヤリティプログラムには以下のような紹介文があります。

リアル口座を保有している全てのお客様は、エグゼクティブレベルから開始し、一定の取引活動期間を経ると自動的にステータスがアップグレードされます。ロイヤリティステータスのアップグレード毎に、1ロットにつき獲得頂けるXMP(XMポイント)の数も比例して増加します。こちらにより、より速いペースにてXMPを獲得して頂けます。たくさんのXMPをお持ちであるほど、より多くのボーナス報酬に交換して頂けます。

このように、XMPには4つのロイヤルステータスレベルが存在しており、利用していくとエグゼクティブからゴールドダイヤモンドエリートといった順にレベルが上昇します。

エグゼクティブからゴールドへのアップグレードは取引開始から30日後ダイヤモンドへは60日後エリートへは100日後にアップグレードされ、10万通貨ごとに獲得できるポイントも10XMPから13XMP16XMP, 20XMPと徐々に大きくなっていくことになります。

獲得ポイントは3で割ったものが証拠金として使えるクレジットボーナスとなります。たとえば100XMP獲得できれば、3で割ると端数を除いて33ドルですから、ほぼ3,800円相当のクレジットを獲得できることになるのです。

もちろん現金に換金することも可能ですが、その場合はXMPのポイントを40で割ったものが現金となりますので、証拠金としてクレジットで利用したほうがかなりお得です。

証拠金を足さなくてもXMPだけで増やしていくことが可能

このXMPをうまく使いこなせば、自己資金を証拠金として追加投入しなくても知らぬ間にポイントを稼いでくれますから、一定のレベルまで貯まればクレジットボーナスに転換してさらに大きな取引を行っていくことができるようになります。

しっかりと利益を出せるトレーダーにとっては、入金ボーナスよりもむしろこちらの仕組みのほうが大きなメリットが感じられるものとなるのです。こうした取引インセンティブプログラムを提供しているのは、周辺を見渡しても今やXMだけで独自のサービスとなっていることがわかります。

これを使えば、さらにハイレバレッジを有効に利用していくことが可能となるのです。

ABOUTこの記事をかいた人

普段は会社員として某製造メーカーの社内SEをする傍ら、主にEAを使ったFX自動売買を行っています。呑み行為の蔓延る国内業者に嫌気が差したのがきっかけで、海外FXに移行。今ではもっぱら海外のブローカーを使いまくっています。実体験を基に、信用できる情報発信ブログを目指していきます。