日本から撤退したはずのNETELLERが戻ってきたのでアカウント開設してみました

日本から撤退したはずのNETELLERが戻ってきたのでアカウント開設してみました

私がサブ口座として利用しているTickmillでは、NETELLERを利用することで日本国内の銀行を通じた入出金を行うことができます。

これまでは主にTransferwiseを利用した入金を行っていましたが、作業に手間がかかっていました。このあたりの詳しい内容はこちらの記事で解説しています。

住信SBIネット銀行からTickmillへの入金レポ。手数料を最小限に抑える方法とは? 出金の際の注意事項なども解説

住信SBIネット銀行からTickmillへの入金レポ。手数料を最小限に抑える方法とは? 出金の際の注意事項なども解説

2019年4月4日
Tickmillのライブ口座開設を実際にやってみました

Tickmillのライブ口座開設を実際にやってみました

2019年4月1日

NETELLERとは?

NETELLERはオンラインウォレットの一種です。類似サービスとしてはbitwalletやSticPayなどがあります。

日本での利用が再開

NELETTERは、2016年9月に日本市場から撤退し、これまで国内での利用が制限されていましたが、2018年10月に関東財務局の登録(※1)を受け、国内でのサービスを再開しました

※1 引用元

NETELLERについて https://www.neteller.com/jp/about

ペイセイフ・ジャパン株式会社は、金融庁から「資金決済に関する法律(平成21年法律第59号)」に基づき資金移動業者の登録を得ています。(関東財務局長第00051号)

銀行振込も日本国内の銀行を利用できますので、振込手数料は安くなります。

NETELLERの口座開設手順

あらかじめNETELLERのアカウントを作成しておきます。名前を入力してメールアドレスを入れるだけで発行できます。

アカウントにログインすると、以下の様な画面になります。

ご入金

ご入金」をクリックします。

国とウォレット通貨の設定

国とウォレットの通貨の設定では、居住国を「日本」に設定して保存ボタンをクリックします。

お客様の詳細

番地住所はローマ字で入力します。日本の住所を自動で海外表記にしてくれるサービスを使うと簡単です。

オファーの受取はチェックを外して「続行」ボタンをクリックします。

セキュリティ

セキュリティの質問を作成してください」をクリックします。

質問の作成

3つの設問と回答をすべて作成し、「質問を保存する」ボタンをクリックします。

2段階認証

2段階認証についての設定を行う画面になりますが、設定は後からでも行えますので、今はとりあえず「いいえ」を選択します。

本人情報の追記

職業と取引の目的を選択して、「確認する」ボタンをクリックします。

マイナンバーの提出

本人確認としてマイナンバーを提出する必要があります。オプション1オプション2のどちらかにマイナンバーの画像をアップロードします。

また、以下のいずれか1つも一緒に提出する必要があります。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 在留カード
審査中
審査中2

アップロードすると、審査中の画面に移行しますのでウィンドウを閉じておきます。審査は数時間~数日ほど待つ必要があります。

書類が受理されたら、住所確認コードが自分の住所宛に送られてくる

提出した書類が無事に受理されると、以下のようなメールが送られてきます。

書類受理メール

ご提出いただいたご本人確認書類の審査と認証が完了しました。

6 桁の住所確認コードをお客様の NETELLER 口座に登録されている 住所あてに郵送いたしました。

このコードをお受け取りになったら、口座にサインインのうえ、口座認証の「住所確認」に住所確認コードを入力してください。

NETELLER

数日すると、このような書類が届きます。

NETELLER手紙

書類には6桁の住所確認コードが記載されています。赤枠で囲った確認コードをメモします。

確認コードの入力

NETELLERのアカウントにログインし、「確認コード」へ先程メモした内容(手紙の確認コード)を入力します。

使用できるようになる

認証に成功すると「口座に入金する」ボタンが表示され、NETELLERを利用できるようになります。

以上で作業は終了です。

せっかく開設したけど、たぶん滅多に利用しない

NETELLERが日本で復活したとは言え、過去には撤退したという事実があるので、またいつ利用できなくなるか不安だからです。

また、登録するタイミングが遅かったので私にはメールが届いていなかったのですが、どうやら2019年6月3日に利用規約が改定するようです。

(cap:url)

1年間ずっと使わないと口座残高から手数料が引かれていくみたいです。(ただでさえ普段の手数料安くないのに…)

ですので、私は今の所これまで通りメインはTransferwiseで、予備としてNETELLERを使おうと思っています。

私が利用しているメインブローカー

オールインワン計算機
XM専用計算ツール

必要証拠金、最大購入可能ロット、ロスカットまでの余力、ポジションを取った時の証拠金維持率などを計算できます。

ABOUTこの記事をかいた人

普段は会社員として某製造メーカーの社内SEをする傍ら、主にEAを使ったFX自動売買を行っています。呑み行為の蔓延る国内業者に嫌気が差したのがきっかけで、海外FXに移行。今ではもっぱら海外のブローカーを使いまくっています。実体験を基に、信用できる情報発信ブログを目指していきます。